高齢者の口腔ケアの介護の方法とは?看護研究の視点で口腔ケアの手順や目的を考えてみましょう。他には、重曹やハイゼガーゼ使用のケア時の注意点なども興味深いです。

介護の為の歯ブラシ

口腔ケアの必要性は今後高まるでしょう。
日本は高齢者が多い高齢者大国です。看護研究や介護について勉強していくと、口腔ケアというものが今、学会などでも注目されてきていることが分かります。

口腔ケアの方法には、ケア用のブラシや介護用歯ブラシなどが
あります。
・介護用歯ブラシとは?
介護用歯ブラシ(かいごようはぶらし)は、介護用品として開発された歯ブラシ。
特に高齢者の場合は唾液の分泌量が減るなどの理由により口腔内細菌が繁殖しやすく、
虫歯や歯周病を起こしやすいが、近年、口腔内細菌により肺炎などその他の疾患が発生する事が明らかになり、口腔ケアの重要性がさらに高まった。
それを受けて、介護の場面に適した様々な歯ブラシが開発されている。
いずれも要介護者の歯垢を落すのに適した形状で、食物かすを取り除いたり、
舌苔を取り除いたり、口腔内のマッサージができる機能があるものもある。

■介護用歯ブラシの種類
・要介護者用
手指に運動障害などがあっても扱いやすい形状の歯ブラシ。360度歯ブラシなど。
・介護者用
別の人間が外部から歯を磨くのに適した形状のもの。通常の歯ブラシをそのまま使うケースも多い。
・その他
布などで直接歯や口腔内を拭くこともある。
また、義歯を使っている場合は義歯用の歯ブラシを用いる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

口腔ケアにはケア用の歯ブラシというものが必需品ですね。
さっそくうちのおばあちゃんの介護にもケアブラシを使用
してみようかと思います。
おじいちゃんやおばあちゃんなどの高齢者の人って、唾液の分泌量が減るんですね。
そのために口腔内細菌が繁殖しやすいんです。
肺炎なども怖いので、予防のためにもケアは大事なんですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4281699

この記事へのトラックバック