高齢者の口腔ケアの介護の方法とは?看護研究の視点で口腔ケアの手順や目的を考えてみましょう。他には、重曹やハイゼガーゼ使用のケア時の注意点なども興味深いです。

看護のためのケア歯ブラシ

高齢者のための口腔ケア。看護研究、介護、学会や世間一般の中でも
口腔ケアの認知度はまだまだ低いです。
口腔ケアによって看護や介護の事についてもっと多くの人に
知ってもらいたいですね。

・口腔ケア用のブラシとは
口腔ケア用のブラシ(こうくうケアようのブラシ)とは、
器質的口腔ケアにおいて用いられる清掃用具を指す。
口腔ケアは、器質的口腔ケアと機能的口腔ケアに大別できる。

器質的口腔ケアは、口腔内を清潔に保ち細菌を除去することを目的とし、
おもに口腔清掃により達成できる。
機能的口腔ケアは、摂食・嚥下などの口腔機能を維持・改善
することを目的とするケアである。

特に高齢者においては健康維持のために口腔ケアが欠かせない。
口腔ケア用のブラシとしては、通常は一般用の歯ブラシが用いられている。
ただし、口内の粘膜部の清掃も行う必要があるため、
ティッシュやスポンジなどを用いたケアも行われる。
粘膜部の清掃用のブラシも開発されており、通常の歯ブラシに比べて毛先が柔らかい。
幅が広いものや球状のものがある。

頬粘膜、口蓋、口唇の裏側、義歯をはずした後の歯肉、舌の清掃に適しており、
口腔内細菌、食物残渣、痰などの汚れを効率よく除去できる。
高齢者に多い誤嚥性肺炎は、口腔内細菌が誤って気道に入ることで発症する。
近年、誤嚥性肺炎の予防法として、適切な口腔ケアによる効果が多くの研究者によって明らかにされてきている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うちの両親は二人ともすでに60歳を越えています。
病気などで体を悪くしたら、入院なんてことになるかもしれません。
うちにはおばあちゃんもいますから、本当に大変です。
これからの日本の高齢化社会では高齢者介護や看護のことについて若者も学んでおく必要があると思います。
このサイトでは、実際に老人介護や口腔ケアについて興味を持つ人のためになる情報を提供して、少しでも看護研究について役に立つことができればいいなと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4280651

この記事へのトラックバック