高齢者の口腔ケアの介護の方法とは?看護研究の視点で口腔ケアの手順や目的を考えてみましょう。他には、重曹やハイゼガーゼ使用のケア時の注意点なども興味深いです。

高齢者の為の口内環境の浄化

口腔ケアとは高齢者の為の介護法です。
看護の研究をしている人などはご存知かもしれませんが、
一般的にはまだあまり知られていません。
口腔ケアを行うと、高齢でもう歯がほとんどなくなった人でも
自分の口で食事ができるようになったりします。

口腔ケアすなわち、介護により歯磨きや歯の手入れをすることによって、
口の病気を防いだり、リハビリで咀嚼機能や舌の動きを回復させることができます。
高齢者になると、口の中の最近が繁殖しやすくなり、食物を間違って
肺に吸い込んで誤えん性肺炎になることもあります。
口腔ケアは、誤えん性肺炎の予防にも役立ちますので
是非実行してみてください。

高齢者の口腔内には、様々な問題が起こります。
歯周病や食べ物カスの停滞、義歯の清掃不良、口腔乾燥、
舌苔などが代表的なものです。
特に歯周病は多くのお年寄りが経験するものですので、
口内環境の浄化によって歯周病の予防をはかりたいです。

役に立つ口腔ケア用品
・電動歯ブラシ
・義歯用歯ブラシ
・歯間ブラシ
・スポンジブラシ
・舌ブラシ
など歯ブラシだけでも、たくさんの種類があります。
色々と用途に応じて使い分けて、口内環境の浄化に
努めましょう。
※義歯は、必ず毎日洗浄剤に漬けて洗ってください。

高齢者のケア・介護・看護

口腔ケアという言葉は、まだ一般的にあまり知られていない
かと思います。
口腔ケアは高齢者の為の、介護・看護の方法の1つです。
しかし私の周りの人達に聞いても、ほとんどの人が知りません。
このサイトを通じて少しでも多くの人が口腔ケアというものに
ついて理解していただけたらと思います。

日本口腔ケア学会によりますと、
・口腔ケアとは?

@口腔の疾病予防
A健康保持・増進
BリハビリテーションによりQOLの向上をめざした科学・技術
具体的内容は、検診、口腔清掃、義歯の着脱と手入れ、
咀嚼・摂食・嚥下のリハビリ、歯肉・頬部のマッサージ、
食事の介護、口臭の除去、口腔乾燥予防などになります。

高齢者の口腔環境を整えると事でどんなメリットがあるのか?

@食事を美味しく食べられる
A爽快感を得られる
B誤嚥性肺炎の予防
Cコミュニケーションの円滑化

などが口腔ケアのメリットとして挙げられます。
QOLの向上にも大きく寄与すると思われ、それらの基礎となるものが口腔ケアです。
しかし、必要を感じながらも、取り組みが難しいのが現状です。
そこで、保健・医療・福祉などの関係者が連携を図り、
健常者・障害者、在宅・入院を問わず、口腔ケアの実践・研修・
調査・研究・情報交換などを行うことを日本口腔ケア学会では
目的としています。
参考出典:日本口腔ケア学会HP

深夜の特集テレビ番組を見ていたときも、今までは固形物を
食べる事ができなかったお婆さんが、口腔ケアを実施することに
よって、ヨーグルトやゼリーなどを自分の口で食べられるように
なりました。
年を取っても食事の楽しさを実感できるのは素晴らしいことですね。

介護の為の歯ブラシ

口腔ケアの必要性は今後高まるでしょう。
日本は高齢者が多い高齢者大国です。看護研究や介護について勉強していくと、口腔ケアというものが今、学会などでも注目されてきていることが分かります。

口腔ケアの方法には、ケア用のブラシや介護用歯ブラシなどが
あります。
・介護用歯ブラシとは?
介護用歯ブラシ(かいごようはぶらし)は、介護用品として開発された歯ブラシ。
特に高齢者の場合は唾液の分泌量が減るなどの理由により口腔内細菌が繁殖しやすく、
虫歯や歯周病を起こしやすいが、近年、口腔内細菌により肺炎などその他の疾患が発生する事が明らかになり、口腔ケアの重要性がさらに高まった。
それを受けて、介護の場面に適した様々な歯ブラシが開発されている。
いずれも要介護者の歯垢を落すのに適した形状で、食物かすを取り除いたり、
舌苔を取り除いたり、口腔内のマッサージができる機能があるものもある。

■介護用歯ブラシの種類
・要介護者用
手指に運動障害などがあっても扱いやすい形状の歯ブラシ。360度歯ブラシなど。
・介護者用
別の人間が外部から歯を磨くのに適した形状のもの。通常の歯ブラシをそのまま使うケースも多い。
・その他
布などで直接歯や口腔内を拭くこともある。
また、義歯を使っている場合は義歯用の歯ブラシを用いる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

口腔ケアにはケア用の歯ブラシというものが必需品ですね。
さっそくうちのおばあちゃんの介護にもケアブラシを使用
してみようかと思います。
おじいちゃんやおばあちゃんなどの高齢者の人って、唾液の分泌量が減るんですね。
そのために口腔内細菌が繁殖しやすいんです。
肺炎なども怖いので、予防のためにもケアは大事なんですね。

看護のためのケア歯ブラシ

高齢者のための口腔ケア。看護研究、介護、学会や世間一般の中でも
口腔ケアの認知度はまだまだ低いです。
口腔ケアによって看護や介護の事についてもっと多くの人に
知ってもらいたいですね。

・口腔ケア用のブラシとは
口腔ケア用のブラシ(こうくうケアようのブラシ)とは、
器質的口腔ケアにおいて用いられる清掃用具を指す。
口腔ケアは、器質的口腔ケアと機能的口腔ケアに大別できる。

器質的口腔ケアは、口腔内を清潔に保ち細菌を除去することを目的とし、
おもに口腔清掃により達成できる。
機能的口腔ケアは、摂食・嚥下などの口腔機能を維持・改善
することを目的とするケアである。

特に高齢者においては健康維持のために口腔ケアが欠かせない。
口腔ケア用のブラシとしては、通常は一般用の歯ブラシが用いられている。
ただし、口内の粘膜部の清掃も行う必要があるため、
ティッシュやスポンジなどを用いたケアも行われる。
粘膜部の清掃用のブラシも開発されており、通常の歯ブラシに比べて毛先が柔らかい。
幅が広いものや球状のものがある。

頬粘膜、口蓋、口唇の裏側、義歯をはずした後の歯肉、舌の清掃に適しており、
口腔内細菌、食物残渣、痰などの汚れを効率よく除去できる。
高齢者に多い誤嚥性肺炎は、口腔内細菌が誤って気道に入ることで発症する。
近年、誤嚥性肺炎の予防法として、適切な口腔ケアによる効果が多くの研究者によって明らかにされてきている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うちの両親は二人ともすでに60歳を越えています。
病気などで体を悪くしたら、入院なんてことになるかもしれません。
うちにはおばあちゃんもいますから、本当に大変です。
これからの日本の高齢化社会では高齢者介護や看護のことについて若者も学んでおく必要があると思います。
このサイトでは、実際に老人介護や口腔ケアについて興味を持つ人のためになる情報を提供して、少しでも看護研究について役に立つことができればいいなと思います。

高齢者の為の看護研究

口腔ケアってご存知ですか?
高齢者のための口腔ケアや方法、看護研究としての口腔ケア、
介護、学会。用品などをこのサイトでは研究していきたいと
思います。

まずは口腔ケアとはどんなものか調べてみました。
口腔ケア(こうくうけあ)とは、日本では口腔内の介護を指している。

口腔ケアの内容として
・食物残渣の除去
・歯垢の除去
・舌苔の除去
・口腔内マッサージ
・口腔疾患の歯科的処置
などが挙げられています。

口腔ケア用品一覧
・歯ブラシ(介護用歯ブラシ)
・ガーゼ
・舌ブラシ
・使い捨て口腔内清浄用スポンジ
・使い捨て口腔内清浄用綿棒
・ストレッチ用ブラシ
などがあります。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私がどうして口腔ケアのことを調べてみようかと思ったかといいますと、
うちには今年で80歳になるおばあちゃんがいます。
2,3年前までは元気だったのですが、最近は体を悪くしてしまい、入院生活を送っています。
そんな時にテレビの深夜番組で口腔ケアについての特集番組があり、口腔ケアのことを初めて知りました。
「これは、もしかしたらおばあちゃんにも役立つかもしれない。」
そう思いサイトを作る事になりました。